レンタルスペースの種類

>

レンタルスペースの目的や種類は多種多様

どういったスペースか

まずはレンタルスペースというものをお話しようと思います。

簡潔に言うと「時間制で貸し出す多目的な部屋もしくは建物」ということです。
もちろん時間制ではなく、何日かという方法でもお借りすることも可能です。

何十年前からそれらしきものは一応存在はしていたのですが、ここ数年間で需要が増え、全国的にも急激に増加の傾向があるものなんです。

どんな場所をレンタルスペースに利用しているのかと言うと、昔から多いのが空き地や駐車場の隅にあるプレハブ小屋タイプのものです。
みなさん一度は目にしたことがあると思います。
最近増えて来ているのは、会社やビルの空き部屋を利用しているものや空き家をリノベーションしたタイプのものですね。

どんなサービスのことを言うのか

続いて、レンタルスペースが一体どんなサービスを繰り広げているのかについてお書きします。

レンタルスペースの主たるサービス内容は、お客様が希望した空間に近いもしくはお客様の利用目的に沿った場所を提供するということです。
例えば会議だったら机や椅子がある場所、パーティーだったら広めの場所といった感じですね。
そしてその場所でそれぞれの催し物を開催という流れですね。
要するに「場所の貸し出し」ということになりますね。

よく似た場所で「トランクルーム」というものがあります。
しかし、トランクルームは家庭用品や事務用品などの物品を保管するというのが本来の目的です。
なのでどちらかというと、トランクルームは倉庫みたいな役割の場所ですね。